公共施設 アートフォーラムあざみ野とは

あざみ野駅と江田駅の間に『アートフォーラムあざみ野』という大きな建物がある。地上3階・地下1階で、延べ床面積は7,899m²(江戸間だと5,102畳分)という広さ。

市民が楽しんだり学んだりできる様々なイベントが催されている。
主催者として施設を借りることも可能。

運営は、展示室とアトリエを備えた『横浜市民ギャラリーあざみ野』と、生活工房・健康スタジオ等の設備をもつ『男女共同参画センター横浜北』の2つの団体が共同で行う。

最寄駅から 田園都市線または横浜市営地下鉄 あざみ野駅から徒歩10分(500m)
開館時間 9:00〜21:00(日・祝は一部17時まで)
イベントにより開催時間が変わる
定休日 第4月曜日・年末年始
入場料 イベントによる(無料もあり)
電話番号 045-910-5656(横浜市民ギャラリーあざみ野)
045-910-5700(男女共同参画センター横浜北)

お問合せの際は「たまプラ新聞を見た」とお伝えください。
横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
駐車場 27台
有料で事前予約が必要

交流ラウンジ

楽しみと学びの共有空間

この大きなビルには次の通り、芸術や学習のための居室が多い。

  • 2フロアの「展示室」
  • 絵画や工芸などの制作ができる「アトリエ」
  • 194席ある「レクチャールーム」
  • 市民活動や図書の利用ができる「交流ラウンジ」
  • 18〜90人対応の「セミナールーム」や「会議室」
  • グランドピアノがある定員40名の「音楽室」
  • 料理や工作を楽しめる「生活工房」
  • 室内で体操ができる「健康スタジオ」
  • イベント参加者の一時保育ができる「子どもの部屋」
1階の展示室

あざみ野にある小さな美術館

1階と2階に、それぞれ2分割できる中規模な展示室(天井高3.5m、広さ324m²/1階と286m²/2階)があり、毎週のように展覧会が変わる。主催者は1年前から利用申込が可能で、時期によっては利用率が高い。

美術のワークショップや講座が3階アトリエで行われる。子ども対象の油絵教室や焼き物教室、中学生以上が受講できるデッサン教室や 絵画教室(水彩)、多様なジャンルのアーティストによるレクチャー『あざみ野カレッジ』など様々。

エントランスホール

無料コンサートやPop-upストア

レクチャールーム

仕事や生活に役立つスキルアップ講座

女性の仕事・男女の子育て・心と体の健康づくりなどを応援する講座やイベント(例:ヨガやストレッチ、転職・仕事に役立つパソコン講座)をセミナールームや健康スタジオで開催する。

関連ページ

この記事をシェア

記者について:編集部 26 Articles
『たまプラ新聞』編集部です。当サイトの運営元は、横浜市青葉区にあるデザイン事務所の『映像術』です。宣伝や広報の画像やホームページ、SNSの活用について、無料相談を受け付けています(対象地域:東京都・横浜市・川崎市)。お気軽にご連絡ください。