百段階段カラーリング1回目が無事終了

階段を塗る小学生

台風や前日の雨にはばまれ、順延を余儀なくされていましたが、晴天に恵まれ、やっと1回目のカラーリング ワークショップ(100段階段プロジェクトの一環)を実施できました。

次回は11月18日(日)。カラーリング参加者募集は終了しましたが、サポーターとしてお手伝い頂ける方、寄付金など、引き続き募集しております。

百段階段

美しが丘を象徴する色で

10月28日(日)午前と午後それぞれ20人が4チームに分かれ、美しが丘小学校脇の舗道と百段階段に4色を塗りました。

カラーは、谷戸の記憶の水の色・ユリノキ並木の緑・桜のピンク。どれも美しが丘の街を象徴する色です。

参加者全員の協力でカラーリングの半分が美しが丘に出現し、青空に映えています。完成が楽しみ。

カラーリングワークショップ開催

まちづくりを考えるきっかけに

参加者それぞれが塗る前に話し合うことで、チーム内のコミュニケーションが生まれます。小学校低学年の子どもの参加が多かったため、保護者もいっしょに考えます。

自分たちの街を自分たちが彩る、子ども達にも子育て世代のお父さんお母さんも「まちづくり」について考えるきっかけになったかな。

たくさんのサポーターも参加して、事前の舗道や階段の清掃、草刈り、塗る場所の養生などスタッフと共に大活躍していただきました。

ペイント前の清掃 1回目のカラーリング

関連ページ

この記事をシェア

記者について:美しが丘アセス委員会 6 Articles
良好な居住環境の維持活動を行なっています。