横浜市の最北にある青葉区とは

神奈川県東部の横浜市で、最も北に位置する青葉区は、緑と坂道の多い街です。ちなみに、宮城県仙台市に同名で人口も同じくらいの行政区があります。

区内の駅は、東急田園都市線こどもの国線の9つ。上のマップにある白丸が駅名です(◉:急行・準急停車)。青文字をタップするとガイド記事へ移動します。

東急田園都市線 市が尾駅
区役所は、市が尾駅西口から

高低差の多い「丘の横浜」

青葉区は、1994(平成6)年に、港北区と緑区から分割され生まました。

遠方の人は「ヨコハマ」と聞くと海辺のイメージが強いかもしれませんが、この辺りは“丘の横浜”と呼ばれることがあり、横浜港まで直線で10kmくらいあります。

青葉区役所は、東急田園都市線市が尾駅から鶴見川の方へ坂を下り600m離れたところ。一部の行政サービスは、あざみ野駅近くでも行われています。

区役所の隣には青葉公会堂青葉スポーツセンターが建ち、青葉警察署や東名高速道路の横浜青葉インターチェンジも近くです。

横浜青葉インターチェンジ
中央左:横浜青葉インターチェンジ

5市区と隣接、都内へ電車一本

市内の面積2位の青葉区が隣接するは、都筑区と緑区のほか、川崎市(麻生区・宮前区)と東京都町田市。人口は31万人(2019年現在)で、こちらも行政区別で2番目の多さです。

東急田園都市線は渋谷駅終点ですが、東京メトロ半蔵門線へ直通運転しているので、乗り換え少なく都内各所へアクセスできます。所要時間は例えば、青葉台駅から渋谷駅(東京都)までだと30分強です。

ユリノキ通り
たまプラーザ ユリノキ通り

道路沿いの並木が多い

横浜市18区のなか青葉区がダントツなのが、街路樹の多さです(2019年現在)。イチョウやハナミズキなどが植っています。地域の公園も多く、緑が豊かな街で季節の移ろいを感じることができます。

山内図書館
あざみ野駅近くの山内図書館
アートフォーラムあざみ野2階の展示室
アートフォーラムあざみ野
青葉区美しが丘 富士見ポイント
高低差があるので所々、富士山が見える

関連ページ

このページについて

記事を書いた人
たまプラ新聞 編集部
記者プロフィール


『たまプラ新聞』で、102記事を書いています。
横浜市の最北にある青葉区とは by たまプラ新聞 編集部

新しい記事

すべての新しい記事を見る