たまプラーザが6位
本当に住みやすい街大賞2021

ユリノキ通り

人々の住まい選びの参考になることを目的とした『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021』が開催されました。実際にその地域で“生活する”という視点から5つの項目を、住宅や不動産の専門家の櫻井幸雄氏と岡本郁雄氏が評価。

たまプラーザ(横浜市青葉区)が、6位にランキングされました(1都3県対象)。

ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021ランキング

本当に住みやすい街大賞2021

アルヒ株式会社は関東1都3県を対象に、ARUHIの住宅ローン顧客の融資実行件数(2019年8月〜2020年7月・借り換え除く)を町名単位で集計。これらのデータを基に、住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性の審査項目を設定し公平な審査のもと“本当に住みやすい街“を選定した、とのこと。

たまプラーザテラスのイルミネーション

関連ページ

この記事について

記事を書いた人
たまプラ新聞 地域情報
記者プロフィール


『たまプラ新聞』で、105記事を書いています。
たまプラーザ(横浜市青葉区)、『本当に住みやすい街』で6位 by たまプラ新聞 地域情報

新しい記事

すべての新しい記事を見る