デジカメのイメージセンサー大きさ比較
フルサイズやAPSなど

カメラ女子学生

写真や動画にデータ化できるのは、イメージセンサー(撮像素子)があるからです。昔の銀塩カメラでいえばフィルムにあたる部分。

スマホ・コンデジ・ミラーレスによって、大小様々なサイズのイメージセンサーが搭載されています。

センサーが大きいメリットとデメリット

技術進歩でセンサーが小さいことのデメリットは減ってきました。他方、光学や価格差の優位性は今もあります。

  • ☀ ピント位置以外を、ボカしやすい
  • ☀ 暗い場所や素早い動きを、低ノイズで撮れる
  • ☀ 高画素(写真キャンバス サイズが広い)
  • ☂ 装着レンズが大きく、重い
  • ☂ レンズも含め、高価
デジタル一眼カメラ EOS6D
キヤノンの一眼レフ(フルサイズ)

画像でサイズ比較

メーカーや商品によって数mmの違いがあります。フルサイズとAPS-Cの画角(縦横比率)は3:2。それ以外は4:3と正方形に近づきます。カメラの機能として画角を変えられますが、編集アプリでトリミング(切り抜き)するのと同じです。

タイプ名 センサーサイズ
フルサイズ
35mm判
フルサイズ36×24mm
APS-CAPS-C23.7×15.7mm
マイクロ
フォーサーズ
マイクロフォーサーズ17.3×13mm
1型・1インチCX13.2×8.8mm
1/1.7型1/1.77.6×5.7mm
1/2.3型1/2.36.2×4.6mm

レンズの35mm換算とは?

カメラ雑誌や製品カタログなどに記載されている焦点距離の但書き「35mm判換算」は、フルサイズを基準にしていることを示しています。「フルサイズの〜mmと同じ範囲(画角)が写っている」という意味です。例えば、APS-Cの23mmは、フルサイズの35mmとだいたい同じ範囲が写ります(1.5倍内側)。

『たまプラ新聞』に載せている編集部による写真のほとんどは、APS-Cのミラーレスを使っています。

もうフルサイズはいらない?

スマホ写真のキレイさに驚きます。スマホのセンサーは大きくても1/1.7型(Xperia 1 II)あたりなので、フルサイズまで必要ですか?という質問が多いです。

次の撮影に該当しなければ、フルサイズはオーバースペックだと思います。

フルサイズが有利な撮影

  • ピント外をよりボカしたい
  • 大きく精細に印刷する(A2用紙を超える)
  • 暗部でノイズを少なくしたい

関連ページ

この記事について

記事を書いた人
映像術
記者プロフィール
横浜市北部のWeb系デザイン事務所。『たまプラ新聞』や『駅ずかん』などWebメディアを制作運営。フォームよりお声がけください。

『たまプラ新聞』で、55記事を書いています。
デジカメのイメージセンサー大きさ比較 フルサイズやAPSなど by 映像術

新しい記事

すべての新しい記事を見る