コンテンツ マーケティングで、読者から顧客へ

店の宣伝・生徒募集・街の認知向上など集客目的に、関連するネタをWeb記事にしてみませんか。

見込み客が満足するネタであるほど目的を達成します。この手法をコンテンツ マーケディングと呼びます。

例えば「あざみ野の歴史」では、ネタの後に外部リンクを貼ることで、市民講座のホームページ宣伝をしています。あくまでもネタが主役で充実していることがポイントです。

Web記事の投稿先

もしコンテンツ マーケディングに興味を持たれたなら、SNSから手軽に始めることをお勧めします。どんな投稿に反応があるのか、フォロワーを得る難しさなど知ることができます。

オウンドメディア開設はコストがかかるので、SNS運用で有効さや面白さを感じられてから検討されるが良いでしょう。

オウンドメディア
自前で運営する雑誌のようなホームページ。WordPressが利用されることが多い。
WordPressワードプレス
いわばオリジナルのブログ運営を可能にするシステム。レンタルサーバ業者によっては1クリックで利用可能になる。公式サイトのような構造のホームページも作成可能。

コンテンツ マーケティングについて、『たまプラ新聞』でご相談承っています。

読者をイメージしながら書く

文章は、伝えたい相手を明確にしなくてはなりません。

読者像が定まっていると、文章が分かりやすくなり、結果として長い期間アクセスを得られるWeb記事になります。

次の要素などを決めて読者をイメージします。

  • 在住エリア(例:あざみ野駅から徒歩圏内)
  • 性別
  • 年齢層
  • 趣味・関心
  • 行動
    • ネット利用時間
    • テレビ視聴時間
    • 購買意向(高級車・株式投資など)
    • 転入時期(6ヶ月以内・予定など)
  • 属性
    • 家族構成
    • 年収区分

あなたへオススメ