ポートレートを一眼レフで久々に撮影、OVFはやはり気分いい

たまプラーザ駅前でポートレート撮影

たまプラーザ(横浜市青葉区)でポートレート撮影した作品とともに、一眼レフの良さを紹介します。

業務用スチールカメラを、富士フイルムのミラーレスへ2016年に完全に切り替えていましたが、一眼レフが恋しくなりNikon D750を中古で買いました。

女子学生モデル

一眼レフとミラーレスの覗き窓

デジカメのファインダー(覗き窓)は、一眼レフとミラーレスとでは作りが違います。

なお、「一眼カメラ」という場合、ミラーレスを含むことが多いです。「レフ」がつくかどうかの違いで、一時期はミラーレスを「ノンレフレックス」と呼称されていました。

一眼レフの覗き窓
レンズを通した実物が見える光学ファインダー(OVF)
ミラーレスの覗き窓
デジタル映像が見える電子ファインダー(EVF)
小さなテレビのようなもの

近年、EVFの精度は向上し続け、OVFに比べ遜色がだいぶ減っています。またミラーレスは、軽い・小さい・撮る前に確認可能などメリットも多いです。しかし、、、

女子モデル

本物を見てシャッターを切る

OVFは撮っていて気分がいい、と久しぶりに一眼レフを使って再認識しました。ずーっとファインダーを覗いていても目が疲れない気がするし、何より被写体そのものを見ている感覚が喜しい。5年くらいEVFだったからなおさら感じたのかもしれません。

旅行カメラをどちらにするかは迷います。軽さをとるか、OVFをとるか。

女子モデルと田園都市線の鉄道車両

関連ページ

この記事について

記事を書いた人
Dan Nagasaka
記者プロフィール
長坂 断(専門:写真とWeb)


『たまプラ新聞』で、17記事を書いています。
ポートレートを一眼レフで久々に撮影、OVFはやはり気分いい by Dan Nagasaka

新しい記事

すべての新しい記事を見る