写真のフリー素材サイトを、運営して20年経った話

雪だるま
使える写真ギャラリーSothei より

ネットが一般化し始めたころから、フリー素材として写真やイラストなど自作データを提供するサイトがたくさんありました。

「フリー素材」のフリーとは、「利用無料」や「著作権フリー」という意味で使われています。なお、ほとんどの提供サイトは著作権を放棄ではなく利用許諾なのでご注意ください。

使える写真ギャラリーSothei ver.1
すぐ完成させるため筆ペンを活用(2001〜2004年)

写真のフリー素材サイト

映像術(横浜市都筑区)は、2001年よりフリー素材サイト『使える写真ギャラリーSothei』を運営をスタートして、20年が経ちました。

利用ルール内であれば、様々なメディアに提供データをダウンロードして無料で使えます。

ちなみに、写真のフリー素材は、デザイン業界ではレンポジ(レンタルポジ)やストックフォトと呼ばれてました。

スマートフォンを持つ女子
イメージ(上は提供データではありません)

無料画像を何に使う?

GoogleやYahooで入力される検索ワードによって、フリー素材や無料画像が何に使われているか?を推測できます。

  • ブログ
  • パワーポイントのスライド背景
  • ワード書類のクリップアート
  • Pinterestピンタレスト
  • Twitterツイッター
  • LINEライン

一時期は「トプ画」という検索ワードで流入がかなりありました。プロフィール画像のことです。

今ではスマホのカメラが優秀になり、自撮り写真を設定することは珍しくないですが、抵抗ある人はフリー素材を使っているのかもしれません。

Pinterestは7年くらい前に日本でも流行りかけました。テレビCMの効果か、ネット検索数は増えています。

この記事について

記事を書いた人
使える写真ギャラリーSothei
記者プロフィール

使える写真ギャラリーSotheiそザいでは、プロの写真をフリー素材として提供しています。商用(ビジネス利用)も可能です。



『たまプラ新聞』で、1 Articleを書いています。
写真のフリー素材サイトを、運営して20年経った話 by 使える写真ギャラリーSothei

新しい記事

すべての新しい記事を見る