リラクMAオーナーの林 眞樹さん

リラクMAオーナー林さん

たまプラーザの街を舞台に、人を巻き込んで楽しんでいる人にインタビューをする『ロコっち』との共同企画「楽人」。

3回目は、年中無休で営業している美しが丘5丁目のリラクゼーションサロン『ほぐし処リラクMA』 オーナー林 眞樹(はやし なおき)さんにお話を伺いました。

リラクMAオーナー林さんとインタビュアーロコっち藤村さん リラクMAオーナー林さん 説明する林さん インタビュー中のリラクMAオーナー林さん インタビューする藤村さん インタビューで笑う林さんたち

指圧やストレッチの要望から

藤村 希

お店がオープンしたのはいつですか?

林眞樹

オープンは2016年10月15日で、約1年半経ちました。自分は東京出身なのですが、妻の実家が鷺沼なので、比較的近いこのエリアにお店をオープンすることに決めました。

藤村 希

ずっとリラクゼーションサロンでお仕事をして来たのですか?

林眞樹

社会人のスタートは出版社勤務だったんです。しかし、会社が倒産してしまって、しばらく写真関係の仕事をしていました。そんな時、出版社時代の編集局長にリラクゼーションのお店をやるので一緒にやらないか、と声を掛けられて、オイルマッサージ店の店長になりました。

そこは基本的なメニューとしては、オイルマッサージしかなかったんですけど、お客様から結構指圧やストレッチの要望があるんですよね。それで、普段あまり施術はしていなかったし、何の勉強もしていない素人だったんですけど、こっそりお客様に指圧やストレッチをやってみたら、結構喜んでくれて(笑)その流れで、ちゃんと学びたいと思い、学校併設の店舗に転職しました。

つらいところを治してくれる施術者

藤村 希

なぜ畑違いの職業に転身しようと思ったのですか?

林眞樹

出版社に勤務していた時にすごい整体師に会ったんです。接客もすごいんですが、ほぐす技が本当にすごい!つらいところを完全に治してくれる方で、60分ですごいすっきりして、痛みが一切なくなるんです。そこには4、5年通っていたのですが、潜在的にその人のようになりたいという気持ちがあったのが、転身の理由だと思います。

たまプラ新聞くんより

林さんは一見クールな人なんだけど、実は社交的な人なんだ。そして、研究熱心。お客さんが多くてセラピストが足りないだって。未経験者の含めセラピストを募集しているよ。

関連ページ

この記事をシェア

記者について:藤村 希/ロコっち 5 Articles
ジモトがもっと好きになる 発見メディア『ロコっち』を運営しています。