電子インクのKindle端末は野外でも読書しやすい

キンドル端末 Kindle Oasis

Amazonアマゾンから発売されているタブレット型の端末は2種類あります。

Fireファイアタブレット
iPadと同じ液晶画面で、動画視聴などに適している
Kindleキンドル 電子書籍リーダー
電子インクで表示され、読書に適している

液晶画面よりも、電子インクの方が目が疲れにくいと感じる人が多いです。この記事ではKindle 電子書籍リーダー『Kindle Oasis』を2年以上使った感想をお届けします。

ちなみに、「Kindle」という名称はサービスにもついています。『Kindle Unlimitedキンドル アンリミテッド』は電子書籍のサブスク、Prime Readingの上位サービスです。

兵庫島公園と太陽と高速道路
太陽の元でも紙のように読める(二子玉川 兵庫島公園

Kindle 電子書籍リーダーとは

Kindle 電子書籍リーダー(以下、Kindle端末)は、仕様の違う3タイプが発売中です。値段はおよそ9千円・1.5万円・3万円ですが、年に数回のキャンペーンでかなり安くなります。

デメリットや不満

Kindle端末のマイナス評価は少ないので先に書きます。

  • モノクロ(カラー表示不可)
  • たびたび固まる(個体差?)

また、資料として書籍を見直すときは、紙の本が良いと感じます。検索やメモの機能があっても、「この辺に書いてあった」と探せるアナログの良さは代用できいでしょう(ただし、ハイライトした文章をPDFで送れる機能は良い👍)。

iPadに対するメリット

スマホやiPadの《Kindleアプリ》があれば、同じ電子書籍を読めます。

私は、雑誌や写真集はiPad、文章メインの本はKindle端末と使い分けています。観るときはiPad、読むときはKindle端末という感じです。

活字主体(リフロー型)の本は、文字の大きさを変えられます。

屋外で液晶が見にくいときでもKindle端末に支障はありません。印刷物に近いです。上位2機種は防水なので、お風呂で読書ができます。

キンドル端末 Kindle Oasis
Kindle Oasis

電子書籍3タイプの違い

Kindle 電子書籍リーダーには、「〜モデル」や「〜エディション」がありますが、機能的な仕様としては3タイプです。

お勧めは『Kindle Paperwhite』または『Kindle Oasis』。表示の精細さ(300ppi)が印刷物とほぼ同じです。また、どちらも防水機能つき。

『Kindle Oasis』には物理ボタンがあり、ページをめくりに便利です。

仕様表 Kindle Kindle
Paper
white
Kindle
Oasis
価格¥8,980
より
¥14,980
より
¥29,980
より
重さ約174g約205g 約188g
画面
サイズ
6インチ6.8インチ7インチ
解像度167ppi300ppi300ppi
フロント
ライト
LED4個LED17個LED25個
防水機能なしありあり
発売日2019年
(10世代)
2021年
(11世代)
2019年
(10世代)
2022年3月現在