港北の緑道『くさぶえのみち』とは

くさぶえのみち とカルガモ
カルガモをよく見かける
爽やかな緑道が、市営地下鉄 中川駅に隣接している。 駅(出口1側)の広場の先より、緑道『くさぶえのみち(草笛の道)』に入る。 右へ行くと間もなく山崎公園。 まっすぐ進むと小川沿いに森林が1.5km続き徳生(とくしょう)公園に着く。途中に牛久保西公園や牛久保公園がある。 所々に水飲み場やトイレが設置されている。
駅から 横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅から、徒歩で1分
横浜市都筑区中川1丁目 他
駐車場 なし
トイレ あり
くさぶえのみち

高原っぽい緑道

住宅地のなかの道だが、周りより数メートル低く木々が多いため、葉の茂る季節は建物があまり見えない。 場所によっては高原のような景色で、鳥のさえずりも聞こえる。 自転車の乗車走行しないように、と看板があり、サイクリングはできない。
くさぶえのみち
散歩やジョギングする人も多い

港北 都筑区の自然

都筑区の緑道には、北ルートとしてこの記事で紹介した『くさぶえのみち』の他に『ふじやとのみち』がある。 南ルートには『せきれいのみち』・『ささぶねのみち』・『ゆうばえのみち』が通り、大きな公園を繋げる。 港北はセンター北や南の駅前に大規模な商業ビルがあり、その一方でこのような自然を残し、うまく共存させていて感心する。
くさぶえのみち
『徳生公園』付近は車の音も聞こえず静か

この記事をシェア

記者について:編集部 39 Articles
『たまプラ新聞』編集部です。当サイトの運営元は、横浜市青葉区にあるデザイン事務所の『映像術』です。宣伝や広報の画像やホームページ、SNSの活用について、無料相談を受け付けています(対象地域:東京都・横浜市・川崎市)。お気軽にご連絡ください。