1950年代に作られたオールドレンズで街撮り
vol.1(東急田園都市線沿線)

Fujifilm X-Pro2とオールドレンズJUPITER-8 5cm/f2 Π silver
Fujifilm X-Pro2とJUPITER-8 5cm/f2 Π silver

1950年代にソ連で作られたオールドレンズ JUPITER-8を買ったので、東急田園都市線沿線の街を撮ってみました。カラー写真と白黒写真の計8作品を掲載します。

兵庫島公園
兵庫島公園(二子玉川・東京都世田谷区)

マウントアダプタ+JUPITER-8

デジカメ本体とレンズの間にマウントアダプタを装着すると、他社レンズを付けて写せます。

作例では、K&F Concept KF-39Xというマウントアダプターを使用。富士フイルムのミラーレスを、ライカLレンズマウント化します。

JUPITER-8は古いレンズなのでオートフォーカス機能はなく、マニュアルでピントを合わせることになりますが、ミラーレスは撮影前でも拡大表示できるため難しくありません。電子ファインダーがあった方が日中でも確認しやすいです。

JUPITER-8 5cm/f2作例:レンズない虹彩
花桃の丘(横浜市青葉区)
二子橋と二子新地駅
二子橋と二子新地駅
多摩川に映る太陽
兵庫島公園(二子玉川・東京都世田谷区)
3匹の地域猫
水溜りにうつる冬木
JUPITER-8 5cm/f2作例:畑
花桃の丘(横浜市青葉区)
菅生緑地
菅生緑地(川崎市宮前区)

関連ページ

この記事について

記事を書いた人
映像術
記者プロフィール
横浜市北部のWeb系デザイン事務所。『たまプラ新聞』や『駅ずかん』などWebメディアを制作運営。フォームよりお声がけください。

『たまプラ新聞』で、55記事を書いています。
1950年代に作られたオールドレンズで街撮り(田園都市線沿線) by 映像術

新しい記事

すべての新しい記事を見る