大塚・歳勝土遺跡公園の写真ギャラリー

大塚遺跡の復元の内部

港北にあるこの公園は、弥生時代の復元した住居や江戸時代の民家を野外展示。横浜市歴史博物館と繋がっています。

遺跡公園ということで今回はモノクロに現像しました。いづれカラー版も掲載します。

公園名 大塚・歳勝土遺跡公園
駅から センター北駅から徒歩10分
たまプラ
から
あざみ野駅で横浜市営地下鉄へ乗り換え
開園時間 9:00~17:00
大塚遺跡を除くエリアは24時間
東京ドーム1個分(5.4ha)
横浜市都筑区大棚西1
駐車場 ¥200/時間
横浜市歴史博物館内
駐輪場
横浜市歴史博物館の正面口に向かって左
トイレ あり
大塚遺跡の復元と太陽

港北で見つかった2つの遺跡

大塚遺跡エリアには、竪穴住居7棟や高床式倉庫などを復元し展示してあり、一部は中に入れます。弥生時代のムラだったところです。外からの敵を防ぐために周囲には濠がめぐらされ、100人くらいの人々が暮らしていたと考えられます。

歳勝土(さいかちど)遺跡エリアは、低い四角い盛り土と周りを溝で囲んだ方形周溝墓があります。

旧長沢家の土間

江戸時代の家がある都筑民家園

近くの旧牛久保村で名主をつとめていた長沢家を移築。主屋の形式はヒロマ型で、主屋と馬屋が平行に建てられています。武蔵南部特有の形です。

大塚遺跡の復元
大塚遺跡の復元
江戸時代の民家 旧長沢家
江戸時代の民家 旧長沢家
旧長沢家の広間
旧長沢家の広間

関連ページ

この記事をシェア

記者について:編集部 60 Articles
『たまプラ新聞』編集部。当サイトの運営元は、横浜市青葉区にあるデザイン事務所の『映像術』です。宣伝や広報の画像やホームページ、SNSの活用について、相談を受け付けています(対象地域:たまプラーザ駅から30分圏内)。お気軽にご連絡ください。