『王禅寺ふるさと公園』とは?(川崎市麻生区)

春の王禅寺ふるさと公園

『王禅寺ふるさと公園』は川崎市の北西に位置する、広場と自然豊かな山道がある大きな公園。

植わっている玉縄桜は、ソメイヨシノより1ヶ月くらい開花が早く、2月下旬より梅花ともに楽しめる。

多目的広場が中央にあり、子供用遊具や運動器具も備えられている。周囲は、勾配のある雑木林で、ちょっとした森林浴をしながら散歩できる。

公園名になっている『王禅寺』は隣接する。
なお、“ふるさと”を含まない『王禅寺公園』は別の場所に存在する。

駅から たまプラーザ駅から、車で20分程度
東京ドーム2個分(10.5ha)
公共交通 バス停『裏門坂』(たまプラーザ駅⇔柿生駅あざみ野駅⇔新百合ヶ丘駅)より徒歩1分
川崎市麻生区王禅寺528-1
駐車場 1時間300円 超過30分ごと50円(普通車)
駐輪場 無料
トイレ あり

写真ギャラリー

多目的広場 満開のソメイヨシノ
メジロと玉縄桜
メジロやヒヨドリなど野鳥も多い
多目的広場の遊具
玉縄桜の葉桜
早咲きの玉縄桜(2017年3月22日撮影)
王禅寺ふるさと公園 多目的広場
多目的広場でバトミントンをする人々
夕焼け
春の夕焼け

関連ページ

この記事をシェア

記者について:編集部 39 Articles
『たまプラ新聞』編集部です。当サイトの運営元は、横浜市青葉区にあるデザイン事務所の『映像術』です。宣伝や広報の画像やホームページ、SNSの活用について、無料相談を受け付けています(対象地域:東京都・横浜市・川崎市)。お気軽にご連絡ください。