デザインを探求する専修大学教員へのインタビュー

記者:ふつうってなんだろう?

インタビュー風景
インタビュー風景

私たち栗芝・榮谷プロジェクトでは、「ふつうってなんだろう」をテーマに掲げ、仕事における”ふつう”にフォーカスしたインタビュー記事制作を行なっています。

初回は、私たちの活動を見守っていただいている栗芝先生のインタビュー記事です!

インタビュイー栗芝正臣
職種大学教員
メモ 私たちの活動を支えてくださっており、第一回を快く受けてくださりました。大学では、美大卒の経験を生かし私たちにデザイン学を教えてくださっています。学びに対する姿勢や柔軟な視点を持ち、柔らかな雰囲気を纏っている先生は学生達からも大人気です。
栗芝正臣教授

はじめに

本日はよろしくお願いします。さっそくなんですけど、大学教員というお仕事の1日の流れから教えていただけますでしょうか?

 そうですね。朝は6時には起きてますね。娘の準備と家事をしてから来るので、朝は時間がないです……。その後、9時前くらいに大学に着いて日中は基本、講義や次の講義の準備です。自宅に帰るのは8時くらいで、その後家事など一通り済ませて、23時くらいから次の日の講義の準備などをして24時には寝るっていう感じですね。

栗芝正臣先生の1日タイムスケジュール
栗芝先生の1日

大学教員というお仕事

日によって違うとは思うのですが、大学では講義中心の生活という感じでしょうか。

 講義と研究を行なっている感じです。最近では、講義と研究内容が同じこともあります。あとは、火曜日の午後は基本的に会議の日になっています。午後に先生方が全員集まって学部の方針を決めたり、入試などの運営について話したりします。だから会議の日の午後は専任教授の講義はないはずですよ。

そうなんですね!それは知らなかったです……。研究って大学教員の特有なもので、イメージだと発表や論文で、新しい技術を世に出す……という感じなんですけど研究におけるゴールってどのようなものなのでしょうか?

 工学系だと、新しい技術とか今までできなかったことができるようになったとかわかりやすいんだよね。だけど文系の場合は、「新しい解釈が生まれたとか今までこういうふうに考えられていたけど、こういう捉え方もできるよね」といったのがゴールになる場合が多いかな。もちろん、デザインの場合には新しいプロダクトを世に出すとか、新たなサービスを発案するというゴールもあると思います。。

期限などはあるのでしょうか?

 生涯研究だね。でも外部からのお仕事の場合は期限がついているので、その中で結果を出すことが必要だったりするかな。

仕事において大切にしていること》へつづく

あなたへオススメ