登戸駅開業の経緯と変わりゆく街 vol.3 (川崎市多摩区)

投稿者: 歴史探偵・高丸

小田急線の電車
小田急線 新百合ヶ丘駅近くより登戸方面

何はともあれ、人々の期待を背負って小田急電車は走り出した。

初代社長、利光鶴松》からの続き

小田急線運賃の100年前と現在

開業当時の初乗り運賃は大人5銭(現在価値にして32円)、小児3銭(20円)、新宿駅~小田原駅間の運賃は当時1円36銭(865円)であった。ちなみに、その当時カレーライスが一杯が10~12銭である。

一銭の現在価値
日銀の企業物価戦前基準指数より換算。
明治時代の一銭は、今の価値にして200円くらいだった。しかし、大正時代になると一銭≒10.8円、昭和にさらに下がり1円以下に。

初乗り運賃がカレーライスの半額と考えると、ちょっと割高な気がするが、電車を利用する人もまだ少ない時代、これまでの投資コストなどを考えたら、妥当な料金なんだろうなとも思う。

それより新宿駅~小田原駅間の運賃だ。「あれ?まさか…」そう思って現在の運賃を確認したら、同区間910円であった。なんと、100年前とほぼ同額ではないか!所要時間が1時間も短縮されているのに…カレーライスの値段が10倍を超えているのに…だ。なんと有り難いことか♪みんな、もっと鉄道を利用しようよ!

小田急小田原線の開業時は38駅

小田急線開業90周年の時は、開業時の全38駅の駅名が記載された「乗車券」(レプリカ)が発売された。現在の駅数は47駅。この間、2つの駅、「山谷駅(南新宿- 参宮橋間)と 海老名国分駅(座間 – 海老名間)が廃止されているので、増えたのはトータル11駅。そして、38駅のうち17駅の駅名が変更された。

登戸駅の名称は2度変更された》へつづく