生田緑地のプラネタリウム

プラネタリウム MEGASTAR-Ⅲ FUSION

たまプラーザ駅から一番近いプラネタリウムは、どこでしょう?
答えは、小田急線の向ヶ丘遊園駅から歩いて15分の生田緑地の中にあります。2,000万の星を映し出すこと可能です。

かわさき宙と緑の科学館

双眼鏡で観られる星々

かわさき宙と緑の科学館のプラネタリウムに入場する際に、双眼鏡が貸し出されます。肉眼では見つけられない星があるほど、精細に投影。双眼鏡を使って星雲や星団を観察できます。

投影機は2012年のリニューアルで、新たに設置された光学式の最新鋭機種『MEGASTAR-III FUSION』で、上映内容は毎月変わります。

小学生の子供たち

小さなお客さんが開発者に

プラネタリウム投影機を開発した大平貴之氏は、子ども時代にこの科学館に通ってたという(マンガ『宇宙兄弟』のような話!)。幼い頃に来館していた施設へ、納品したときはどんな気持ちだったでしょうか。子供の可能性を広げるところだと感じます。

上映中の解説は、録音されたものを再生するのではなく、専任の解説員がライブで行なっています。渋谷にあった『五島プラネタリウム』で活躍した大ベテランの河原郁夫氏が、月に一度『星空ゆうゆう散歩』を担当。『朝日新聞』の記事「86歳の星空案内人」でも紹介されました(2017年6月5日)。

かわさき宙と緑の科学館 プラネタリウム

入場料と開始時間

一般
¥400
高校生・大学生・65才以上
¥200
中学生以下
無料
 一般向け(約45分)子供向け(約35分)
火〜金15:30なし
夏季の火〜金
7/23~8/23
14:00・15:0014:00・15:00
土・日・祝10:30・13:00・15:3012:00・14:30
2019年8月1日現在

関連ページ

このページについて

ライター
編集部
記事名
URL(ページアドレス)
編集部 79 記事
『たまプラ新聞』編集部。運営元は、横浜市青葉区にあるデザイン事務所『映像術』です。プロモーション画像の制作やネット活用について、相談を承ります(対象地域:たまプラーザ駅から30分圏内)。お気軽にご連絡ください。