近所の桜を撮る6つの方法

満開の桜と楽しむ人

写真撮影を上達させるのに、桜は良い教材だと思います。撮る位置や時間帯を少し変えるだけで、様々な画を生み出せます。

近所の桜を撮る6つの方法を紹介します。

葉桜
撮影地王禅寺ふるさと公園(川崎市麻生区)
焦点距離35mm(フルサイズ換算)
絞りF2.5

ボケを意識する

絵画でも背景は重要。写真もピントを合わせるところ以外の表現をどうするか考えますが、ボケもその一つです。被写体により近づき、背景をより遠くにするのがボケさせるコツです。

桜の下で楽しむ人
撮影地菅生緑地(川崎市宮前区)
焦点距離35mm(フルサイズ換算)
絞りF8.0

風景として人をいれる

桜を楽しむ人は多くて撮影しにくいと感じることもあるでしょうが、むしろ文化の風景として撮るのもありです。

夕焼けの満開の桜
撮影地美しが丘第七公園(横浜市青葉区)
焦点距離53mm(フルサイズ換算)
絞りF2.5

朝焼け夕暮れに撮る

雲が少しかかる日の太陽が昇る沈む時間は、光の色が豊かでユニークな作品にしやすいです。

渋谷の夜桜
撮影地渋谷駅ハチ公前広場(東京都渋谷区)
焦点距離28mm(フルサイズ換算)
絞りF2.8

街の夜桜を探す

街の桜なら、街路灯や看板などに照らされるので、三脚がなくても写せます。

ソメイヨシノの雌蕊
撮影地多摩川緑地公園(東京都稲城市)
焦点距離136mm(フルサイズ換算)
絞りF2.2

アップで写す

望遠レンズやマクロ(接写)レンズを使い、桜花を大きく狙います。大きく写すと前後のボケが強くなり、ピントを合わせるのが難しので、フォーカスはむしろマニュアルの方が楽です。概ねのフォーカス位置を決め、体をかすかに前後させてピントを合わせます。

iPhoneなら、有料アプリ(例:Camera+2)を使うとマニュアルフォーカスできます。デジカメは、電子ファインダー(EVF)だと拡大表示できるので、ミラーレス カメラがお勧めです。

メジロと満開の桜
撮影地王禅寺ふるさと公園(川崎市麻生区)
焦点距離345mm(フルサイズ換算)
絞りF6.7

野鳥を狙う

早春は葉が少ないので、桜を啄むメジロやヒヨドリを撮りやすいです。

撮影はシューティングゲームのような難しさがあります。ファインダーを覗きながら狙う時間が長くなるので、個人的には光学ファインダーを備える一眼レフカメラがお勧め。

関連ページ

このページについて

ライター
長坂 断
記事名
URL
長坂 断 14 記事
写真とWebデザインが専門