KAWASAKIしんゆり映画祭 2018

KAWASAKIしんゆり映画祭2018

新百合ヶ丘で秋に行われる映画祭、2018年も開催します!映画上映のほか、監督や俳優などによるトーク イベントなど盛りだくさん。

キャッチフレーズは、「家族を称えよ!愛を称えよ!映画を称えよ!」。

『第24回 KAWASAKIしんゆり映画祭 2018』で鑑賞できる映画の¼は、アジアが舞台です。多くの方たちに、今だからこそ観ていただきたい作品を、市民スタッフが厳選しました。

会場
駅から 小田急線 新百合ヶ丘駅 北口より徒歩3分
日時
※10月29日(月)は休映
上映
  • タクシー運転手 ~約束は海を越えて~
  • バーフバリ 王の凱旋 完全版
  • ラッカは静かに虐殺されている
  • 軍中楽園
  • 海を駆ける
  • パーフェクト・レボリューション
  • blank13
  • モリのいる場所
  • 素敵なダイナマイトスキャンダル
  • 君の名前で僕を呼んで
  • 誰も知らない
  • アデル、ブルーは熱い色
  • 見栄を張る
  • おじいちゃん、死ん じゃったって。
  • 恋とボルバキア
  • ラストラブレター
  • KUBO/ クボ 二本の弦の秘密
時間
料金
  • 前売券
    ¥1,000(一律)
  • 当日券
    一般:¥1,300
    学生、障がい者とその付添い1名まで:¥1,000

※無料上映作品や、特別料金のプログラムもございます。

主催 NPO法人 KAWASAKIアーツ
映画『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』

見逃せない!アジア映画特集

映画『blank13』高橋一生とリリーフランキー

多くの顔を持つ役者リリー・フランキー

『パーフェクト・レボリューション』11月4日(日)16:55上映回は、リリー・フランキーさん、原作者の熊篠慶彦さん、松本准平監督がご登壇です。

川崎市アートセンター
川崎市アートセンター

あの人を演じるということ

各作品上映後には沖田修一監督、冨永昌敬監督がご登壇予定です。

この記事をシェア