電子音楽アクースモニウムを公演
昭和音楽大学の学生がプロデュース (新百合ヶ丘)

私たち音楽芸術運営学科アートマネジメントコースの学生が、授業の一環でプロデューサーとなり、実際の公演制作した『ACOUSMONIUMアクースモニウム スピーカーのオーケストラ』を公演します。

開催日時
2020年11月28日(土)
10:00-19:00でお好きな公演時間にどうぞ!
開催地
昭和音楽大学 南校舎1階 スタジオブリオ
川崎市麻生区上麻生1-11-1
出演者
渡辺 愛・由雄正恒・高野大夢
チケット料金
入場券(インスタレーションのみ):¥500
1ライブセクション:¥1,500〜
オンライン配信視聴券:¥500
詳細は公式ページをご覧ください
昭和音楽大学の校庭でポスター

コロナ禍だからこそ届けたい公演

テレワークなど様々なものが電子化されていく世の中で、今だからこそ、その電子音楽で新しい体験をお届けしたい。私たちは、そんな思いを込めてこのコンサートを企画しました。

アクースモニウム
電子音楽をコンサートで上演する演奏ツールとして考案された音響システムです。 アクースモニウムの演奏者は、電子音楽を再生しながら、多数のスピーカー群の音量をリア ルタイムに調整します。
演奏の練習風景

インスタレーションとライブ

アーティストによる解説映像ガイドやアクースモニウム体験のできる「インスタレーション」と「ライブ」の2つを展開する予定です。

「ライブ」では A 創世記、B 発展期、C 成熟期と異なった内容のライブが行われるため気になる作品を選択し鑑賞することが出来ます。

会場全体を作品として展示する「インスタレーション」では作品に全身を囲まれて空間全体 を「体験」することができます!

  1. 歩き回って体感する
  2. 触って体験する
  3. バーチャルで体験する

今回の公演では、この3つの観点からアクースモニウムを体験していただけます! 各公演の間のお好きな時間にぜひご来場ください!インスタレーションのみの入場も可能です。また公演は気になるけれど会場には行けない…という方のためにオンライン配信も予定しております。

日常では体験できない立体的な音楽の鑑賞、音空間に包まれる体験をお楽しみいただけます。昭和音楽大学ならではの希少な演奏会です。この機会にぜひお越しください。

2020年コロナ禍の打ち合わせ

関連ページ

ACOUSMONIUM スピーカーのオーケストラ

このページについて

記事を書いた人
昭和音大アートマネジメントコース
記者プロフィール
昭和音楽大学 音楽芸術運営学科アートマネジメントコースの学生
他に4記事を書いています。
昭和音大で、電子音楽アクースモニウムを11/28公演(新百合ヶ丘)動画あり by 昭和音大アートマネジメントコース

新しい記事

すべての新しい記事を見る