新サイト『駅ずかん』へ移転して9ヶ月、気づいたこと

駅ずかん

『たまプラ新聞』には《地域ニュース/エッセイ》と《スポットガイド》を載せていますが、記事が増えて見つけにくい、という声があり後者を新サイトへ移すことにしました。

『たまプラ新聞』のスポットガイド各ページを、2月下旬より新サイト『駅ずかん』へ少しずつ引越ししています。

段階的に移転することをおすすめします

引用元:Google検索セントラル
ウェブデザイナー

サイト運営者向けSEOの話

新たなWebメディアの『駅ずかん』は、『たまプラ新聞』に対し3つの違いをつけました。

  1. AMP適用(リリース当時)
  2. Webフォントは使わない
  3. ディレクトリを作る

有効性がわからなかったAMP

AMPは、Googleが“最近まで”プッシュしていた技術です。たびたびAMP化を推奨してきたので気になっていました。『駅ずかん』サイトシステムができた後にこんなオチ・・・。現在はAMP非適応。

Webフォントなし

『たまプラ新聞』はキレイな雑誌のようにしたくて、Webフォントを採用しました。長文も読みやすくなるのではないかと思っています。

一方、『駅ずかん』は鉄道駅や公園などスポットガイド、いわばデータベースなのでWebフォントはなし。

URLディレクトリ効果は検証中

URLディレクトリについては、アリ・ナシどちらがSEO的に有利か、今のところ分かりません。

URLディレクトリのメリットとして、Googleアナリティクスなどアクセス状況分析のしやすさはあります。

  • ナシの例 🍐(たまプラ新聞)
    https://tamaplaza.news/yamauchi-library
  • アリの例 🐜(駅ずかん)
    https://trainstation.jp/azamino-station/yamauchi-library

ナシでもWordPressのカテゴリーとパンくずリストは対応しています。

Google Search Console 検索パフォーマンス
Google Search Console 検索パフォーマンスより『駅ずかん』データ

思うようにいかないURL引越し

40ページほどURL引越しするため、301リダイレクトとcanonical属性を試しました。

検索サイト順位や流入数はすんなり移行とはいってませんが、『駅ずかん』のアクセス数は上のグラフの通り、上下振動を繰り返し徐々に増えています。

URL引越し方法

『たまプラ新聞』に載せているスポットガイドのページ(以下、元ページ)を、『駅ずかん』(以下、新ページ)へ転載。

301リダイレクトしたところ、新ページが検索結果ランクダウンしたので、慌てて次のように変えました(判断が早すぎた?)。

  1. 元ページにcanonical属性を付記
  2. 元ページから、情報微増した新ページへリンク
  3. 元ページを削除、301リダイレクト

新ページへのアクセスが増えるのは数ヶ月後からです。この頃からcanonical属性が効くのかもしれません。他のページも同様に行いましたが例外は少々ありました。

手順「3.」については、元ページへのアクセスがなくならないケースでは未実施です。

サイト分割してよかった、たぶん

URL引越し後、多くのページが検索順位を上げ、アクセス(PV)数が増えました。

  • 《多くのケース》元ページより、新ページがPV増
  • 《まれなケース》新ページより、元ページがPV多いまま

「元ページがPV多」の原因を推測して対処中です。

複合的な要因なのでサイト分割がSEO上有効だとは断言できませんが、元ページと新ページで比較(ABテスト)できるので、気づけたノウハウはあります。

この記事について

記事を書いた人
映像術
記者プロフィール
横浜市北部のWeb系デザイン事務所。『たまプラ新聞』や『駅ずかん』などWebメディアを制作運営。フォームよりお声がけください。

『たまプラ新聞』で、55記事を書いています。
新サイト『駅ずかん』へ移転して9ヶ月、気づいたこと by 映像術

新しい記事

すべての新しい記事を見る