クラシックから現代音楽までをチューバで聴く
東京都国立市

チューバ坂本光太
坂本光太 (チューバ)

くにたち文化スポーツ振興財団(東京都国立市)は、くにたちデビューコンサートシリーズ第14弾として『チューバで聞く音楽の4世紀』を開催します。

本コンサートは、一般的にはソロとして注目されることの少ない楽器Tubaにスポットをあて、新たな音楽の楽しみ方を提示。また、年代を追って聴き比べることで現代音楽にも興味を持つきっかけとなるようなプログラムを予定しています。

開催日2022年2月26日(土)
開催時間①開演14:00 終演予定15:00 ②開演17:00 終演予定18:00
会場くにたち市民芸術小ホール
(最寄駅:JR南武線 矢川駅または谷保駅)
入場料共通 ¥1,000
出演者坂本光太(チューバ)、杉山萌嘉(ピアノ)
ピアノ杉山萌嘉
杉山萌嘉 (ピアノ)

チューバで聞く音楽の4世紀

出演者の坂本光太さんは東京藝大卒業後、同大学院、さらにベルリン音楽大学大学院を最高位の成績で修了という経歴を持ちながら、昨年度国立音楽大学で博士号を取得したチューバ奏者。現代音楽や実験音楽といった分野でも精力的に活動しています。また、2017年にくにたち市民芸術小ホールで開催した同シリーズvol.10「今ここに生まれる『表現』」金ヨハンさん作曲作品を演奏していただきました。

伴奏者に杉山萌嘉(ピアノ)さんを迎え、東京藝大と東京大学で学び、記譜と身体の関係性を巡る研究を行っている久保田翠さんに委嘱した新曲の初演も予定。

予定曲目

  • (古典~ロマン派)1800年(18世紀)
    ベートーヴェン:ホルンソナタ(1800)(tuba, piano)
  • (ロマン派)1853年(19世紀)
    クララ・シューマン:三つのロマンス(tuba, piano)
  • (現代)1979年(20世紀)
    ジェニファー・グラス:ソナティネ(tuba, piano)
    ほか新曲委嘱作品などを予定

コロナ対策で、一席間隔

プロセニアムステージ336席スタイルで、一席置き156席の販売となります(最前列除く)。

ご来場の際のコロナ対策をよろしくお願いします。また、社会状況により開催日時等の変更の可能性がありますので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

くにたち市民芸術小ホール
くにたち市民芸術小ホール

くにたちデビューコンサートシリーズ

国立市国立音楽大学(東京都立川市)との間で包括連携協定が締結されたことを踏まえ、くにたち市民芸術小ホールを運営する くにたち文化スポーツ振興財団は、大学連携を元に本コンサートを「芸術環境創造事業」における、学校との連携事業に位置づけました。

国立音楽大学の優れた若手演奏家による音楽活動の継続を地域の卓越した芸術文化資源として、これを地域ぐるみで支援することを趣旨として、くにたちデビューコンサートを実施しています。

この記事について

クラシックから現代音楽までをチューバで聴く(東京都国立市) by くにたち市民芸術小ホール

新しい記事

すべての新しい記事を見る