『ティラノドン』第一弾ソングが完成 動画あり

4人座ってポートレート

私たち恐竜系ガールズバンド Tyranno-don(ティラノドン)は、新たな道へ進みはじめました。

教室で作詞中

高校卒業、そして挑戦

元石川高校に入学し、軽音部に所属したことを機に、バンドを結成した私たちが、長いようで本当にあっという間だった3年間という高校生活に、先日幕を閉じました。 終わりというのは、とても悲しいことですが、そこから新たなことへの始まりを意味していると思っています。

そこで私たちTyranno-donは、これからの大きな成長を目指して、オリジナル ソングの作成を始動いたしました!

オリジナル曲『トリマ wow oh!』

記念すべきTyranno-don 第1曲目のオリジナル曲は、『トリマ wow oh!』です。 この曲は、私たちが音楽を通して伝えられることは何なのか、Tyranno-donだからこそ出来る歌詞の世界感を大切に作りました。

作曲はボーカルとギターを努める夢乃が担当し、作詞はメンバー全員での話し合いの中で、意見を出し合いながらの作成でした。 私たちは、メロディを完成させてからその音に言葉をのせていく曲作りでしたので、無数にあるフレーズ選びに苦戦をしました。どの言葉が私たちの伝えたいイメージにぴったりと当てはまるのか。リズムの感覚を文字に起こすというものは、とても難しいことだと改めて実感しました。

この曲の最初は、私たちの主であった部活動の情景からスタートします。そこから、私たちが演奏する上で大切に思っていること、1番に伝え、2番ではバンド活動に限らず、これから先のことで不安を抱いている人たちへのエールを贈った歌詞になっています。

Tyranno-donらしい明るく、耳に残りやすい曲です。その中でも是非注目して頂きたいのは、サビのフレーズです。タイトルにも入っている「wow oh oh~」という、思わず手を上げて音にノリたくなってしまうリズム。ここでこの歌を聴いてくれる方々と一体となって、合いの手を入れ、みんなで歌いやすいサビになっています。

笑顔ポートレート

女子高生の使う「とりま」から

「トリマwow oh!」という曲名はサビで何度も歌わたわれている「wow oh oh〜」の部分から取り、最近の女子高生が使う「とりあえず、まぁ」を略した「とりま」をカタカナにして現代感を出しました。

曲自体が明るく、前向きな曲となっているので「とりあえず、前向きに明るくいこう!」という意味も込めてこの曲名を付けました。

黒板の前で記念撮影

幅広い曲調にチャレンジ

今はまだ、一曲だけですがこれから様々なジャンルの曲に挑戦していきたいと思っています。2018年3月現在、2曲目を制作中です。1曲目とは対照的に少ししっとりとした曲調で、女の子の切ない恋心を歌っています。

近いうちのライブで発表予定です。文だけでは、なかなか伝えることが難しいと思うので、是非ライブに足を運んで頂けると嬉しいです。

ライブ情報は随時、ティラノドンのTwitterまたは、『たまプラ新聞』のティラノドンの記事に掲載させて頂く予定なので、チェックしてみてください!

関連ページ

この記事をシェア