雨天の公園を、写真撮影してみよう

雨天の遊具

音楽スタジオでの撮影を終えた後、雨が降っている公園を映そうと、美しが丘公園(横浜市青葉区)に寄りました。東急田園都市線 たまプラーザ駅から歩いて10分くらいの公園なので、雨の日でも人通りがあります。

雨に濡れていた雑木林

防塵防滴のカメラとレンズ

雨天に撮る人は少ないので、珍しい写真が生まれるかもしれません。

このレンズは、写る範囲が広く(フルサイズ換算24mm)、ズームできない単焦点。これでずいぶん撮影したので、いづれ作例集を載せようと思います。

滑り台とブランコ
ログハウスへの小道
撮影:2018年6月

関連ページ

この記事について

記事を書いた人
映像術
記者プロフィール
横浜市北部のWeb系デザイン事務所。『たまプラ新聞』や『駅ずかん』などWebメディアを制作運営。フォームよりお声がけください。

『たまプラ新聞』で、55記事を書いています。
雨天の公園を、写真撮影してみよう by 映像術

新しい記事

すべての新しい記事を見る