中筋純の動画メッセージ
福島とチェルノブイリを撮る写真家

あざみ野駅から坂を登って500mのアートフォーラムあざみ野(横浜市青葉区)にて、入場無料の写真展が7月20日(月)まで開催されています。

上の動画は写真家 中筋 純さんからのメッセージ。急遽、撮らせていただきました。関係者皆様、ありがとうございます。

黒板に「またいつか、この教室で会いましょう」

個展 流転を横浜あざみ野で

平面作品を、大きなプリント、広い空間で見ることは、画面や紙面で見るのとは、印象が大きく変わります。中筋純さんは「体験してもらいたい」と言っています。

人が映る作品は数点で、多くは無人の屋内か街が被写体なのですが、生活があったことを痛いほど感じさせます。何をどう撮るか、プロの観点が際立たせます。

フロントで、関連書籍やバッチを販売中(支払いは現金のみ)。

期間
2020年7月14日(火)〜20日(月)
時間
10:00〜19:00
20日(月)は16:30までで、その後は参加型の撤収
場所
横浜市民ギャラリーあざみ野アートフォーラムあざみ野内)
横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
主催
2016 流転福島&チェルノブイリ巡回展実行員会

期間中、在廊されています。空いている時間帯は、平日の午前や閉館間際とのこと。

この写真展は、2021年春に予定する『もやい展』のプレイベントです。

カバーされる車とされない車

電気を作るシステム

たくさんの電気を使うことに呼応して、発電量が増え、発電方法も改良されています。以下のカッコ内は2017年度の発電比率です(出所:電気事業連合会)。

  • 石炭(32%)
  • 石油など(9%)
  • 天然ガス(40%)
  • 原子力(3%)
  • 水力(8%)
  • 地熱と新エネルギー(8%)
  • その他

原子力発電所の事故により甚大な被害をもたらされた地域が、当時ソビエト連邦のウクライナ チェルノブイリ(1986年〜)と日本 福島(2011年〜)を中心とした一帯です。

福島第一原子力発電所の事故は、東日本大震災による大津波で、冷却を担う電源が喪失したことが発端です。いまだに事故処理や被害は終わっていません。

参考文献

中筋純の個展『流転』の館内

関連ページ

このページについて

記事を書いた人
でんエネ学
記者プロフィール
電力について考える材料を提供するウェブメディア
他に2記事を書いています。
中筋純の写真展『流転・福島&チェルノブイリ』(横浜市青葉区)動画あり by でんエネ学

新しい記事

すべての新しい記事を見る