結末を選べるボイスドラマ

桐蔭学園(横浜市青葉区)と光陵高校の生徒3名にプロが加わり、ボイスドラマ第2弾を作りました。

結末を選べるストーリー

オリジナルストーリーで、結末を2つから選べます(YouTubeアプリ視聴なら、画面のボタンで再生可能)。

動画編集アプリのAdobe Premiere

一段一段のぼる

銀河鉄道の夜』は中村さんが軸で進行したプロジェクトなので、今回は宇敷さんマターとしました。演出指導を彼女が個別にLINEで行い、各自が音声ファイルを作って、弊所が編集の下ごしらえ。最後に演出上の調整編集をして完成、という流れです。

そもそも、なぜボイスドラマにしたのかというと、リモートワークでも支障が少ないからです。動画作品だと、よく見かける低品質の分割映像になってしまいます。また、所作を演じるのは、かなりハードルが高く収録に時間がかかります。もし役者を新たに募集するとしても、無名な我々には非現実的です。

今作で先生役をした内山田君は高校2年生。ボイスドラマなら、ひと周り違う世代も演じられるメリットもあります。

制作日程ガントチャート

人間力と年齡

長坂 断(映像術)

初めて学生に依頼したのは15年前。複合機の使い方を伝える動画制作を担当したときです。試作品のナレーションを仕事として、都立高校 演劇部の生徒2名にお願いしました。

他のタスクについても弊所から外注することがありますが、下手な事業者より優秀な学生に頼んだ方が、効率よく業務を進めらことが多いです。なぜなら、成長したいという気持ちが強いからでしょう。つまり、一所懸命で謙虚なのです。

もちろん経験不足による未熟さはありますし、私の許容外の学生もいました。ただ、相手を知らないうち、年齢だけで子供扱いするのは言語道断である、と気をつけています。

関連ページ

このページについて

ライター
映像術
記事名
URL