外出自粛で作れたボイスドラマ

緊急事態宣言が7都府県へ発出されて、学校が再開できない事態が続いています。そこで、神奈川県の学生3名と自宅で制作できるボイスドラマにチャレンジしました。初回の作品は『銀河鉄道の夜』の「1.午後の授業」です。上の画像を押すと再生されます。

古代から人が文化を求めるのは、死への恐怖や悲愁を消化するためではないか、と新型コロナウイルスが世界的に感染拡大しているなか感じました。

たまプラ新聞くんより

スマホでユーチューブ動画をみる

自宅でスマホ録音

出演者それぞれの自宅でiPhoneを使って録音し、弊所がパソコンで調整してYouTubeで公開。打ち合わせはLINE通話を使い、100%リモートワークです。

企画・選曲・出演
中村安璃
桐蔭学園高等学校 演劇部
ナレーション
宇敷かな
神奈川県立 元石川高等学校 放送部 2020年度卒業
イラスト
れい
神奈川県立高等学校
プロデュース・編集
公園でMacbook Pro作業

できる範囲で小さく始める

「ラジオドラマをやりませんか?」と中村さんを誘ったのが3月31日。フリーの脚本も含め題材の検討を始めました(若い世代は“ラジオドラマ”と言わないということ表記変更)。

その後、ナレーションを何度か発注している宇敷さんへ参加依頼したところ、翌日に音声ファイルを送ってくれました。中村さんがそれを聞いた上で収録に挑み、編集フェーズで修正を重ね1週間ほどで完成!

ボイスドラマ原稿

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

1933年に永眠した宮沢賢治の作品は、著作財産権の保護期間が終わっているため、中村さんがこの作品を選びました。偶然、取材した生田高校グリークラブ(混声合唱部)がオペラとして公演していた作品です。

関連ページ

このページについて

ライター
映像術
記事名
URL