『私鉄沿線97分署』がアマプラ対象、田園都市線のロケ地を紹介

私鉄沿線97分署 第1話 ©国際放映
私鉄沿線97分署 第1話より ©国際放映

1984年から放映された刑事ドラマ『私鉄沿線97分署』が、現在、アマプラ対象作品になっています。

Amazonアマゾンプライム(アマプラ)
料金は、¥600/月または¥5,900/年。Prime Videoのほか、電子書籍や音楽の一部コンテンツも楽しめる。

この作品は、たまプラーザ(横浜市青葉区)など田園都市線沿線で多く撮影されました。

たまプラーザ駅 ©国際放映
たまプラーザ駅 南口方面(オープニングより ©国際放映)

ロケ地の多くは田園都市線エリア

『私鉄沿線97分署』は、1984年(昭和59年)に放送スタート。

多くのシーンは、田園都市線 沿線をロケ地としていました。

オープニング終盤(上の映像)は、たまプラーザ駅と東急百貨店たまプラーザ店を空撮。南口が駐車場だらけの時代で、たまプラーザ テラスができる前の街並みです。

当時は南口に、撮影セットとしてプレハブが建てられました。警察署竣工前の仮庁舎という設定でプレハブ。

鷺沼駅付近 ©国際放映
鷺沼駅ホーム横(第1話より ©国際放映)

今も面影があるロケ地はどこ?

建物が増えた現在、たまプラーザ駅 南口に「97分署」があった面影はありません。

しかし、線路沿いや特徴的な道路なら、ロケ地だったころを今も感じることができます。

第1話で渡哲也さんが登場するシーンは、鷺沼駅ホーム横の坂道です。その後も何度か登場します。

また、たまプラーザ駅から住宅街へ伸びるユリノキ通りが、歩道橋やバイク走行のシーンで映っています。

私鉄沿線97分署ロケ地 川崎市鷺沼
現在の鷺沼駅ホーム横(川崎市 鷺沼)

刑事ドラマ『私鉄沿線97分署』

アマプラで『私鉄沿線97分署』を視聴してみると、「主役の正義」だけではないストーリーに好感が持てました。また、魅力的な役者が多く飽きません。

現実離れしたシーンもありますが、97分署が扱うのは地域の事件。当時のニュースから着想したシナリオだとすると、人々の言動は今とあまり変わらないのだと思います。

一方、街並み・ファッション・自動車はすごく今と異なり、違いも楽しめます。

制作著作国際放映
放送局テレビ朝日系列
放映日1984年10月28日〜
主な出演者時任三郎
鹿賀丈史
渡哲也
アマプラ広告リンク 私鉄沿線97分署
ユリノキ通りと太鼓橋と東急バス
歩道橋が特徴的なユリノキ通り(横浜市たまプラーザ)

あなたへオススメ