偽Amazonからのメール詐欺
セキュリティ強化やアカウント停止

Amazon詐欺メール

セキュリティ強化やアカウント停止という内容で、アマゾンの偽物からスパムがたびたび送られてきています。メールにあるURLを押さないようにしょう。気になる場合は、公式アプリやGoogle検索で、Amazonへアクセスして確認するのが安全です。

URL
「https://」で始まるホームページのアドレス。例えば、『たまプラ新聞』の場合は「https://tamaplaza.news」。

送信元アドレスもニセモノ

このスパムメールに関しても、送信元はAmazon.co.jpとなっていて信用させようとしています。表示を変えられたり、転送できたりすることを悪用しています。

詐欺メールの件名

我々のところへ送られてきた偽物アマゾンのメールタイトルは次の通りです。確認次第、追加していきます。

  • あなたのアカウントは停止されました
  • [重要]:お客様のセキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。

ロゴは簡単にコピーできる

Amazonのロゴがあると公式のようですが、ネットの画像は数クリックで複製ができます。以前、市民講座の中で、Yahoo!ニュースの記事をダウンロードしてその場で文章を変えたところ、驚く受講生が多かったのを覚えています。

画像やホームページなどデジタルデータは、同じものを一瞬で複製できるので、これを元に騙すプレゼン資料を簡単に作れてしまうのです。

企業が著作権保護のためダウンロード不可にしたいケースがありますが、完璧な手段がありません。そもそもホームページは、スマホやパソコンにダウンロードして表示されていますし、スクショを撮られてしまうこともあるからです。

スマホを見る女性

対策はメアドを分けること

サービス登録用に、普段使うのとは別のメールアドレス(メアド)を作成することをお勧めします。できればサービス毎に変えた方が良いかもしれません。少なくとも信頼性の低いサービスへの登録は捨てメアド(いつでも破棄できるメールアドレス)を使うと良いでしょう。

GoogleやYahoo!でメアドを、無料で作ることができます。私がAmazon詐欺メールにすぐ気付けたのは、宛先のメアドが違ったためです。

関連ページ

このページについて

下のボタンを押すと、このページのタイトルとURLをコピーできます。メールやSNSのシェアにお使いください!

Amazonを語るセキュリティ強化やアカウント停止のメールは詐欺 by たまプラ新聞レッスン

新しい記事

すべての新しい記事を見る

たまプラ新聞レッスン 11 記事
編集部(映像術デザイン事務所)の実績とマーケティングを踏まえ、画像制作やWebデザインの講座(Adobe PhotoshopやIllustrator利用可能)を、都筑区センター北で開講をしています。なお、デバイス操作や他社サービスの無料アドバイスはしていません。 [基本情報]