大井町駅の北側に、新しい街が生まれる

1階広場

大井町駅の北側(品川区広町ひろまち)の開発について本格着手する、とJR東日本が発表しました。2023年4月本体工事着手し、2025年度末に開業予定。

※この記事の画像は全て完成イメージです

大井町駅周辺広町地区開発
大井町線北側の開発街区

大井町駅周辺広町地区開発(仮称)

本開発は、品川区と連携して施設や駅の改良。以下のまちづくりを目指すとのことです。

  • 賑わいと回遊性の向上につながるまちづくり
  • 災害に強く、環境に配慮したまちづくり
  • 地域の人々にとっての質の高いくらしづくり

開発エリアは大井町駅北側からしながわ中央公園東側、延床面積26万m2。オフィス・複合商業施設・ホテル・賃貸住宅が建ち、それらの間に3つの広場があります。

大井工場鉄道車両基地と展望デッキ
電車がたくさんの車両基地が見える広場
待合せスペース
待合せに向いた広場
夜景
大井町駅周辺広町地区開発マップ
東日本旅客鉄道 資料より

詳しくは『JR東日本ニュース(PDF)』に掲載されています。

あなたへオススメ

広告