集客できた事例
たまプラ新聞へ載せた効果は?

子供向けリトミック

『たまプラ新聞』で集客できた実績を紹介します。たまプラーザに関係しているスポットやコトならば、宣伝や広報を載せられます。

読者がお客様に

『たまプラ新聞』のホームページを見た人がお客様になった、と掲載ユーザ様よりご連絡いただいた事例を紹介します。

習い事教室
ハッピーリズムの自己紹介を見た数名が公式サイトのフォームから体験レッスンを申し込み後に入会
ボーカル教室の記事にある送信フォームからお問合せ
コミュニティーカフェ
自習デスクや教室として使えるカフェをみた学生が来店
駅近で楽器&音響ありのレンタルスペースによって、イベント主催者の方が送信フォームより問合せ
高等学校のイベント
クラーク記念国際高校 インターアクトクラブを見た多くの人がイベントにご来場
スポーツジム
アトリオライトたまプラーザの自己紹介をみて、数件の問い合わせ後、ご入会
D-CYCLEの動画を観て体験申し込み

電話の場合、お客様より「たまプラ新聞を見て」とお伝えいただいて把握できました。ホームページ上の操作(例えば電話番号をタップ)は記録できますが、正確な来客数は集計できないのが実情です。

たまプラ新聞で宣伝するメリット

集客できる理由

宣伝の場を共有することで、見込み客の目に触れる可能性が高まります。事業者様の公式サイトでは既存客や興味を持った人がアクセスするだけですが、『たまプラ新聞』の場合は、他店の記事を見た人が偶然、貴サービスの見つけるということがあり得ます。

『たまプラ新聞』は、画像のクオリティーにこだわっています。ローカルメディアでありがちな下手な写真は、編集部作成の記事には載せていません。画像は興味のきっかけになり、アイキャッチになります。画像が悪いと滞在時間が減り、文章も読んでもらう確率も減ります。

関連ページ

ページ プロフィール

記事名
URL