360°カメラ GoPro MAXを仕事で使ったレビューと作例

ヘルメットにGoPro MAX装着

GoPro MAX』で撮れる映像は、本体の小さささから想像するより、キレイです。さらに手ぶれ補正が優れていて、移動しながらでも振動のないスムーズな動画になります。

筆者は2019年10月より活用しています。“MAX”とつくGoProは、レンズが前後に2つあり、周囲全てを写せます。

360°VR動画を撮れる

GoPro MAX』は、縦360×横360と周囲全て(全天球)を録画できます。さらに、従来のアクションカメラとしても利用可能(HEROモード)です。

YouToubeアプリで視聴する

360°VR動画は、YouToubeアプリなど対応アプリで再生する必要があります。未対応アプリだとアジの開きのようになってしまいます(例:LINE上で再生するとNG)。

VRゴーグルがなくても、スマホの向きを変える、テレビならリモコン十字キーを押す、という操作で好きな方向を視聴できますYouToubeで「vr 360」と検索すると、たくさんの作品をご覧になれます。

裸で水中撮影できる

水中撮影にはハウジングというケースを着せるのが一般的でした。しかし、新しいアクションカムのほとんどは、本体そのまま裸でポチャンとできます。上の動画は水泳インストラクターの頭につけて撮影(HEROモード)しています。

360°カメラの撮影イメージ
360°撮影は、球体の内側全て記録される感じ

撮影後に「撮影」できる

全日本プロレス石川修司 vs 東急SレイエスFC菅谷天 PK戦では、2台のカメラを使っています。一台はミラーレスにジンバルをつけて撮影。撮りこぼした部分を『GoPro MAX』の映像に差し替えました。

東急Sレイエスフットボールスクール
コーチの胸にカメラを装着

視線の映像

GoProシリーズの別売アクセサリーはたくさんあります。スイミングでは頭につけてもらいましたが、フットサルは激しい動きになるため、コーチの胸に装着。4点式シートベルトのようなアクセサリーを使っています。

東急Sレイエス フットボールスクール紹介の後半、フットサルコート内の映像が『GoPro MAX』(HEROモード)によるものです。手ぶれ補正の強力さが伝わると思います。前半は、ミラーレスにジンバルをつけて撮影。

短所はバッテリー持ち時間

カメラ本体が小さいため仕方がないのですが、バッテリーの持ちは悪いです。360°撮影だと1時間持ちません。予備バッテリーやモバイルバッテリー(USB-Cで給電)で対処しています。

3通りの活用ができる360°カメラ

GoPro MAX』のメリットをまとめます。

  • 360°VR動画を撮れる
  • 360°撮影動画から、必要なフレームを切り出せる(リフレーム)
  • 普通のアクションカメラとして撮影できる(HEROモード)