ホシノカオリ
シンガーソングライター

ホシノカオリの横顔

日常のありふれたものを歌にします。
今日は素敵な日
今日はちょっと悲しい日
今日はこんなことがあったよとか。

では少し昔の話をしたいと思います。

ほしのかおりとスイカ

「面白くて、楽しい」こと

私は愛知県名古屋市に生まれ育ち、2019年の2月からギターやピアノで作詞作曲を始めました。

小さい頃にピアノを習っていましたが、昔は音楽なんて大嫌いでした。

音楽が大嫌いというと多少語弊があるので、訂正します。歌が嫌いだったのです。

皆さんも小さい頃学校の音楽の授業で歌の授業があったかと思います。

人前で歌を歌うということがどうしても好きではなくて、歌も下手くそでまわりからからかわれていた時期もありました。でも、何か楽しい時だったり、悲しい時は無性に歌いたくなって友人とカラオケにいって叫びながら歌っていた時期もありました。そこから歌を歌うこと自体が少しずつ楽しくなって、「まあ、歌が下手でも面白くて楽しければいいや。」と変に開き直りました。

そして、2018年9月、自分の人生を再考する機会がありました。過去の自分を思い出して「面白くて、楽しい」ことを自分で作り上げたいとふと思い、計画もせず思いのままそれをはじめました。

「自分自身で歌を作る」ということをやってみようと。

最初はピアノで曲を作ろうと思ったのですが、何故かしっくりこなくてギターの音を聞いたときにこれだ!と思ったのです。 2019年1月にギターを始めほぼ独学で粗削りでしたが、2週間後にライブが控えてたので何でもいいから歌を作るぞ!といって初めて作った曲が『ぼくはけもけも』という不思議な歌でした。これがCD化され200枚も売れるなんて当時は思いませんでした。

その時のライブは本当に楽しかったですけど、ある意味黒歴史ですよね。

ギターなんてまともに弾くことができないのはわかっていたのですが、「即興で歌を歌います!!」「下手くそでもステージには立てる」といった言葉は今でも忘れられないです(笑) 今では即興は私の武器になりました。

まずは何でもいいから面白いものをみつけてやってみる、それが私の生き方らしいです。

海と、ほしのかおり

私の歌

綺麗な空の色を見た時に感じたもの、美味しい物を食べた時、恋愛をしたとき、誰かの誕生日を祝ったとき、誰だって何か「言葉」というものが考えなくても出てきたりしますよね。 私はそんな歌を作り物語みたいに歌っています。

いつまでも私は歌では本当の自分です。 時々は素直になろうぜみなみなさん。

ライブ経歴

2019年2月ROCK BAR UK 星ヶ丘 ブッキング LIVE
2019年7月鶴舞DAYTRIP ブッキング LIVE
2019年10月至学館大学 文化祭 LIVE
2019年12月下北沢MOSAIC LIVE ブッキング(東京)
2020年1月株式会社イベント・レンジャーズ様イベントライブ(東京秋葉原)
2020年3月広島県ライブイベント@boomboombar (広島県福山)

関連ページ

このページについて

ライター
ホシノカオリ
記事名
URL