東京駅構内の美術館で、国内30年ぶりのフォロン展覧会

つもとちがう

東京駅構内の美術館 東京ステーションギャラリーにて展覧会《空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン》が、7月13日(土)から開催されます。

ジャン=ミッシェル・フォロン
20世紀後半のベルギーを代表するアーティストのひとり
(無題)空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロンより
月世界旅行

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

この展覧会では、フォロンの初期のドローイングから水彩画・版画・ポスター、晩年の立体作品までを含めた、およそ230作品を観ることができます。日本では30年ぶりの回顧展です。

幻想的な詩情あふれるフォロンの作品は、一見すると美しく爽やかにさえ感じられます。しかし、そこには環境破壊や人権問題など厳しい現実への告発が潜んでいます。

開催期間2024年7月13日(土)〜9月23日(月)
最寄り駅
アクセス
東京駅(新幹線・山手線中央線快速ほか)丸の内駅舎 北口ドーム直結
大手町駅(半蔵門線東西線・丸の内線ほか)出口B5より250mほか
二重橋前駅(千代田線)出口7より450m
所在地東京都千代田区丸の内1-9-1
公式サイトhttps://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202407_folon.html
東京ステーションギャラリー入場口
東京駅 北口ドームからの入場口
東京ステーションギャラリー展示室
東京ステーションギャラリー展示室

あなたへオススメ