横浜市と東急へ高校生が提言

生徒たちのプレゼンテーション

神奈川県立 元石川高校で行われているアントレプレナーシップ教育、生徒たちによる1学期の最終発表会を取材しました。2年生の選択科目で、競争の激しい今の時代、社会人に必要な考える力などを養う授業です。

一位のグループ

アントレプレナーシップ教育

課題に対して生徒たちがグループごとに考え話し合います。2019年1学期の課題は、高校生にまちの情報を届けるためには?

最後に、課題提供者へプレゼンテーションを行います。同じ課題なので、他のグループのアウトプットにも、気づきや驚きがあったことでしょう。

アイディアの磨き方

発表まで、次を繰り返して提案の質をあげます。単に企画すれば良い、ということではなく、結果が出るアイディアになるように磨くわけです。

分析
現地調査やアンケートして課題を把握
仮説
分析結果を根拠に課題解決策を議論
検証
分析結果や社会人からのアドバイスを踏まえ、仮説を再考
東急電鉄と横浜市の講評

次世代郊外まちづくりが協力

課題提供者は『次世代郊外まちづくり』を進めている横浜市 建築局住宅部 住宅再生課東京急行電鉄株式会社 都市創造本部開発事業部 事業計画部。生徒たちのプレゼンテーションの後に、丁寧な講評をしてくれて、1位2位を発表。

スマホで撮る生徒

的を射たデザイン提案

私はデジタルマーケティングを請け負って画像制作したり、社会人や学生に対してデザイン ワークショップをしたりしています。プロの観点からでも、今回の生徒たちの提案は業界標準であり感心しました。プロトタイプまで作るグループもいて素晴らしかったです。ぜひ動画をご覧ください。

全グループのプレゼン動画

全ての生徒たちのプレゼンテーションを収録しました。プロモーションや広報を担当されている方にも、参考になるところがあると思います。40分と長いので、通勤中にラジオ的に視聴されてはいかがでしょうか。

サポートする教員たち
マイクと生徒たち
マイクを撮ってたらピースしてくれた。ピント合わなくてゴメン!

関連ページ

このページについて

ライター
長坂 断/編集部
記事名
URL(ページアドレス)
長坂 断/編集部 10 記事
『たまプラ新聞』編集部の長坂です。写真とWebデザインが専門。これらのご相談を受け付けています(対象地域:たまプラーザ駅から30分圏内)。お気軽にご連絡ください。