相鉄線・相模鉄道・相模線の違いは?ちょっと歴史の話

相鉄21000系電車

相鉄線・相模鉄道・相模線の違いを調べている人へ、路線図と表で解説します。

相鉄線と相模線の路線図

相模鉄道による路線が、相鉄線

相模鉄道さがみてつどうが運行する路線を「相鉄線そうてつせん」とすることがあります。

他社でいえば、東横線や田園都市線など東急電鉄の路線を「東急線」と呼ぶのと同じです。

そして、相模線さがみせんはJR東日本によるローカル路線です。

下表に整理しました。

相鉄線相鉄本線横浜駅
(横浜市西区)
海老名駅
(海老名市)
相鉄いずみ野線二俣川駅
(横浜市旭区)
湘南台駅
(藤沢市)
相鉄新横浜線西谷駅
(横浜市保土ケ谷区)
新横浜駅
(横浜市港北区)
JR線相模線茅ケ崎駅
(茅ヶ崎市)
橋本駅
(相模原市)

なお、路線図は国土地理院の『地理院地図』をもとに《駅ずかん》が作図しています。

相鉄3000系電車
昔の車両 3000系電車

相模線も、戦前は相模鉄道だった

時代を遡れば、相模線も相模鉄道でした。相模鉄道さがみてつどう(通称「相鉄そうてつ」)が作ったから、相模線さがみせん(1921年営業開始)なのです。

相模線は相模川に沿っています。川砂利を運ぶために敷設されました(現在、一部は廃線)。

ところが戦時中の1944年に相模線は国有化されてしまい、これを除く区間(旧 神中鉄道)が、現在の相鉄本線となります。

神中鉄道じんちゅうてつどうはその前年(1943年)、相模鉄道に吸収合併されていました。

3000系電車
国鉄63系電車が払い下げられ、1947~1965年にかけて活躍

参考:相鉄線のあゆみ
写真提供:相鉄グループ

当時の社会情勢

1923年大正12年関東大震災
1925年大正14年ラジオ放送開始
1939年昭和14年第二次世界大戦 勃発
1942年昭和17年関門鉄道トンネル下り線開通
1945年昭和20年ポツダム宣言受諾(終戦)

あなたへオススメ