横浜米軍機墜落事故

横浜米軍機墜落事件の近く

1977年に、田園都市線 江田駅近くへアメリカ軍機が墜落し、3歳と1歳の兄弟が翌日に死亡。母親は4年4ヶ月後に亡くなります。他に重軽傷6名と財産被害51件という大惨事を引き起こしました。

海辺のカモメ

幼い兄弟と母親が死亡

26才で被害にあった母親は、重体から回復し約2年経って退院できましたが、その後に心因性の呼吸困難により、亡くなりました。

墜落機を操縦していたパイロット2名は脱出したため、生きていました。

愛の母子像

海を眺める親子

上の写真は、港の見える丘公園(最寄駅:みなとみらい線 元町・中華街駅)に建立された『愛の母子像』です。青葉区(当時は緑区)の事故現場から南へ20km離れたところにある理由は、「生前に海を見たいと願ったことから、この公園に〜」と碑文にあります。

同じ年の出来事

1977年1月20日
アメリカ民主党のジミー カーターが大統領に就任
1977年2月8日
ザ・ドリフターズのテレビ番組『ドリフ大爆笑』放映開始
1977年9月28日
ダッカ日航機ハイジャック事件

参考ページ

このページについて

下のボタンを押すと、このページのタイトルとURLをコピーできます。メールやSNSのシェアにお使いください!

1977年の横浜米軍機墜落事故(青葉区 江田駅近く) by たまプラ新聞 編集部

新しい記事

すべての新しい記事を見る