中秋の名月なので、月を撮る話

花桃の丘からの満月
2020年9月30日撮影(標準レンズ 焦点距離 35mm)

今日9月21日は、中秋の名月。8年ぶりに満月の日と重なります。

横浜市は残念ながら、夜遅くなるほど曇りの予報ですが、雲が薄かったり、風があれば良い画を撮れるかもしれません。載せている写真のほとんどは、横浜市北部にある花桃の丘で撮っています。

ススキと満月
望遠レンズ 焦点距離200m

中秋の名月=満月ではない

旧暦の8月15日に見える月を中秋の名月といい、秋の満月という意味ではありません。中秋の名月と満月が一致するのは珍しく、近年では2013年でした。理由は、旧暦と月の満ち欠けが完全に一致していないためです。

旧暦
現在の太陽暦の前に採用されていた暦法で、主に明治初期の1872年まで使われていた天保暦法(太陰太陽暦)を指す。1ヶ月を、月の見え方で決め、365日とのズレを閏月で調整。
ビルと赤い満月、スーパームーン
2015/9/28のスーパームーン(望遠レンズ 焦点距離 約260m)

暗く写したいなら、露出補正をマイナス

夕暮れや夜は、明るすぎに自動調整されやすく、そのときはマイナス補正します。カメラの製品名と「露出補正」とネット検索すれば、操作方法が見つかる思います。iPhoneでも可能です。

旧来、デジカメのオートはライトグレー(黒18%)になるように露出(写る明るさ)を調整します。自動で決まった設定に対して、人が調整することを露出補正と言います。人物撮影ならプラス補正すると、肌が綺麗に写ることが多いです。

カメラやレンズに手振れ補正機能があっても、ズームアップ(望遠)で夜月を撮るなら、三脚か一脚を使った方が確実。加えて、セルフタイマーにすると、シャッターボタンを押す際のブレを抑えられます。機種によってはシャッターが切れるまでの時間を変えられます(3秒と30秒など)。

曇りの日の満月
望遠レンズ 焦点距離200mからトリミング
美しが丘四丁目とほぼ満月
2020年9月30日撮影(標準レンズ 焦点距離 35mm)

関連ページ

このページについて

記事を書いた人
写真教室 たまプラ新聞レッスン
記者プロフィール
写真撮影や編集/加工の講座を、リクエストに応じて都筑区センター北または貴社で開講します(旧名:すくーれ)。ご連絡フォームよりご相談ください。


『たまプラ新聞』で、31記事を書いています。
中秋の名月なので、月を撮る話 by 写真教室 たまプラ新聞レッスン

新しい記事

すべての新しい記事を見る