武蔵溝ノ口駅と溝の口駅の違いと由来
神奈川県川崎市

溝の口駅南口ロータリー

武蔵溝ノ口駅と溝の口駅との違いは、鉄道事業者。

「武蔵」がつくのが南武線のJR東日本、つかないのが田園都市線と大井町線の東急電鉄です。

これらの駅は隣接していてともに住所は「溝口」なので、「溝口駅みぞのくち えき」で統一すれば良さそうですが、歴史的背景があります。

溝の口駅ペデストリアンデッキ
両駅を繋ぐペデストリアンデッキ

すでに溝口駅があった

溝口駅みぞのくち えき」にしなかった理由は、JR播但線ばんたんせん溝口駅みぞぐち えき(兵庫県)が既にあったから採用しなかったのかもしれません。

この地域について「溝ノ口郷」や「稲毛溝之口」と記した古文書があり、「ノ」を加えたと考えられます。

また、同名や似た名称があると「武蔵」をつけるケースは複数あります。

武蔵国
埼玉県・東京都・神奈川県東部あたり。昔の行政区分。

武蔵溝ノ口駅の開業は1927年3月で南武鉄道の駅でした(現在はJR東日本)。

4ヶ月遅れて、東急電鉄の溝ノ口駅が誕生します(当時は玉川電気鉄道)。しかし、1966年に同社は、駅名表記を漢字と平仮名に統一したため、溝の口駅に変わります。

溝口神社
溝口神社

参考文献

あなたへオススメ