横浜市最大の富士塚、川和富士の話

川和富士山頂

川和富士(横浜市都筑区)は、富士見ヶ丘にある横浜市最大の富士塚。

高さ14mの川和富士山頂は標高74m。360°の大パノラマで、南西方向に本物の富士山が見える。

富士山
川和富士山頂より300mm望遠レンズで富士山を撮影

TVドラマ『流星ワゴン』の撮影地

川和富士の隣に作られた小さな富士山は、愛鷹山か?それとも宝永山か?「そんなのどっちだっていい」とばかりに、子どもたちが2つの山の間を駆け回っている。

この富士塚は、1995年にTBSで放映された『流星ワゴン』(重松清 原作)の舞台となり話題になった。山頂には祀も石碑おなく、あるのは方位盤。まるで観光地の展望台のようだ。

それもそのはず、元々は200mほど東の《ゆうやけ橋》付近にあった富士塚を、港北ニュータウン開発時に移築し公園にしたのだ。とはいえ、1860年(万延元年)に着手、1891年(明治24年)完成、と歴史はある。しかも最初に造られた富士塚の高さは約27m、現在の2倍というから驚く。

かつて山頂にあった浅間大神の石碑は、川和八幡神社の境内に祀られている。

最寄り駅
アクセス
都筑ふれあいの丘駅地下鉄グリーンライン)より1km
所在地神奈川県横浜市都筑区富士見が丘20
川和富士公園
川和富士公園

あなたへオススメ

広告