昭和初期に建てられた校舎を、府中市郷土の森博物館で撮る

府中市郷土の森博物館にある昭和初期の小学校校舎

昭和初期に建てられた校舎を、府中市郷土の森博物館(東京都)で撮りました。

この博物館には、府中市にあった江戸時代から昭和初期の建物8棟が、移築・復元されています。

なお、本館は、7月19日まで改修工事中のため利用できません。プラネタリウムも含みます。

旧府中尋常高等小学校

府中町立府中尋常高等小学校

校舎は、市立府中第一小学校の前身である府中町立府中尋常高等小学校として、1935年(昭和10年)に建設。その中心部分が府中市郷土の森博物館に移築・復元されています。

博物館入場料(大人¥300、中学生以下 ¥150)のみで、校舎の中へ入ることが可能です。優れた建築物のなかで、歴史と木の温かみを感じられます。

掲載写真は2022年5月に撮影。あじさいはまだ咲いていませんでしたが、新緑の美しさが印象的でした。曇っていた方が葉っぱがキレイに写ります。

校舎のなかの写真》へつづく

あなたへオススメ

広告