やりがい搾取のチェックポイント
無償ボランティアやプロボノに注意

困る女性

やりがい搾取の被害にあわないように、依頼者に対して以下をチェックすることをお勧めします。

  • 誰に対して、何の役に立てるのか(公益性)
  • 自分が得るものは何か(自己実現性)
  • 依頼者側は必要な情報公開をしているか(公共性)
  • 依頼者側で働くスタッフの報酬とのバランスは妥当か(社会性)
早渕川の野良猫

社会貢献やSDGsエスディージーズを語るが本質は?

NPOや地域活動グループなどが、無料または異常な少額で依頼してくる定番フレーズが「活躍のチャンス」「貢献できる」です。

例えば、配送業社やコンビニの商売はみんなの役に立っていますが、「社会貢献」とどう違うのでしょうか。“社会貢献の全て=無償ボランティア”が当然でしょうか。

誰でも必要とされると嬉しくなり即答しがちですが、少し時間をおいて考えましょう。お金が全てではありませんが、あなたのスキルや時間を提供する意義があるのか?と。周りの人に相談するのも良い手です。ギャラの妥当性は最低賃金が参考になります。

兵庫島公園と太陽と高速道路

善意の押し付けがズルズル続く

最初は納得して協力したけれど、続けるうち負担になってくることがあります。意欲がなくなってきたら、できるだけ早く伝えましょう。時間が経つほど面倒なことが増えます。

依頼者に悪気がないことが多いですが、これがより対処を難しくさせます。リーダーシップがない人だと、はっきり拒絶しない限り押し付けが続きます。

リーダーシップとは、指示や指導の力量だけではありません。他人の気持ちを理解する聞く力や共感力も必要です。無理強いがあるのなら、ボランティアのリーダーとして不適格。リーダーをしている人の学歴や社歴など経歴ではなく、今の言動で判断しましょう。

関連ページ

このページについて

記事を書いた人
たまプラ新聞 編集部
記者プロフィール


『たまプラ新聞』で、114記事を書いています。
やりがい搾取のチェックポイント:ボランティアやプロボノに注意 by たまプラ新聞 編集部

新しい記事

すべての新しい記事を見る